学生時代お金がなかった

 私の学生時代は楽しいだけでは表現できない時代でした。もちろん友人と遊んだりサークル活動をしたりと、楽しい思い出もあります。しかし、その楽しい思い出以上にお金がなくて苦しんだことを思い出すのです。私の家は貧乏というわけではなかったのですが、裕福でもありませんでした。

そのため奨学金を借りて、私も毎月一定のお金を家に入れないと大学には通わせてもらえませんでした。また、私は一人暮らしをしていたので、私自身の生活費を稼ぐ意味もあって毎月たくさんのバイトをしていました。居酒屋のバイトから派遣のバイトまで様々なバイトをして、大学の授業料と生活費を稼いでいたのです。

 大学の生活に慣れてくると、バイトもそれほど苦にはならなくなりお金にも困ることはなかったので、私はサークルに入ることにしました。しかし、ここから私の生活が変わっていきます。

私は野球サークルに所属しており、チームメイトとともに練習したり試合をするのは楽しかったですが、サークルでは飲み会や友人との食事などそれまでかからなかった出費が増えるようになりました。また、野球をするための道具も私自身で用意しなければならなかったので、その道具のためのお金もかなりかかりました。

そうして私がバイトで稼いだお金がどんどんなくなっていき、貯金も底をついていきました。サークルをやめようと思ったのですが、周りとの関係を考えたり、大学の思い出のことを考えるとやめることができませんでした。私は、結局生活費を減らすことにし一日で使っていい食費を200円にし、朝ごはんと昼ご飯しか食べていませんでした。また、水や電気も最低限しか使わないようにし、とにかく節約を心がけました。

 
そのおかげで何とかサークルは続けられたものの、不健康な生活を続けていたからか、体重がかなり減りました。大学時代のサークルは思い出になったものの、節約をしていた苦しい生活の方が私の記憶には残っています。

借金生活は我慢の生活!我慢を楽しむコツと考え方